当研究室の概要

小林研究室は山形大学人文社会科学部 人文社会科学科 人間文化コース 認知情報科学プログラムに所属します。

研究テーマ

当研究室は行動科学の研究室として,人間の行動とその意思決定過程についての研究しています。行動科学は非常に広範な領域を扱っていますが,特に以下のテーマに着目しています。

1. 過去の行動と将来の行動(記憶と未来思考)

過去の行動すなわち経験(記憶)は,現在そして将来の行動に大きな影響を与えます。当研究室では,記憶の中でもエピソード記憶と呼ばれる,時間や場所が特定された出来事(エピソード)の記憶に着目した研究を行っています。エピソード記憶は,Mental time travelと呼ばれるような過去の行動を「再体験」するような感覚を伴うという特徴があります。近年の研究からMental time travelは未来方向に対しても可能であることが明らかにされています。このような未来において,起こりうる出来事を詳細に考えることはエピソード的未来思考(Episodic future thinking)と呼ばれます。当研究室では,過去の行動と未来の行動がどのように関わり,そしてそれぞれがどのような機能を持つのかを調べています。例えば,情報や物事の価値の変化に記憶がどのような役割を担うかどうかについての研究を行っています。

2. 感情と行動の相互作用

感情は認知や行動に様々な影響を与えます。例えば,「後悔」というネガティブな感情は,過去に選択した行動に対して,別の選択を行えば「よりよい結果」が生じたと捉えている場合に生じる感情です。したがって,「後悔」は行動の結果によって生じた感情だと捉えることができます。そして,「後悔」を感じている行動であるほど,将来において同種の行動が取られにくい(回避される)ことが示されています。また,ノスタルジアという「懐かしい」感情は,社会的感情の1つであり複合感情としても知られていますが,ノスタルジアには個人や対人に対するポジティブな機能を持つことが明らかになっています。例えば,ノスタルジアを感じることは,楽観性を高め,様々な挑戦を促すことなどが知られています。このように,当研究室では,ネガティブ感情やポジティブ感情が様々な行動や意思決定にどのような影響を与え,感情がどのような役割や機能を持つのかを調べています。

3. 健康・パーソナリティ

当研究室では,パーソナリティ・個人差や健康についても研究を行っています。特定のパーソナリティが持つ認知・行動の特徴についてや,健康に関わる認知・行動の特徴について,感情と認知の相互作用とも組み合わせながら研究しています。例えば,抑うつ傾向などの精神疾患傾向において見られる特異的な認知・行動のパターンはどのようなものであるかという点から,ネガティブ記憶の忘却と抑うつ傾向の関連を調べるといった試みなどが挙げられます。「ネガティブ」な個人差だけではなく,幸福感といった「ポジティブ」な個人差における持つ認知・行動の特徴についても研究を行っています。また健康に関する研究として,身体的健康に影響する喫煙行動について,喫煙者と非喫煙者の間で喫煙行動に対する潜在的認知・顕在的認知がどのように異なるのかについても検討しています。喫煙行動だけでなく,食行動についても関心を持っており,食物の美味しさ評価にその食物を覚えていること(食物記憶)がどのような影響を与えるかという研究も行っています。

当研究室に関心をお持ちの方へ

進学を希望する方へ

当研究室に進学を希望する方は,2年次に「認知情報科学プログラム」を選択して下さい。「認知情報科学プログラム」では情報科学,認知心理学,行動科学といった諸領域を総合的に学びます。

相談などを希望する方へ

様々な相談(進学,研究,進路など)を希望する方は,メールにてアポイントメントを取ってください。メールは教員紹介に記載してあります。申し訳ありませんが,急な来訪ですと対応できない場合があります。

研究室の運用・指導方針

当研究室の基本的なスケジュールとしては,週1回の近況報告と定期的な個人面談を予定しています。具体的には,各所属メンバーは1〜2週に1回程度,近況を報告してもらう予定です。また,2〜3月に1回のペースで個人ごとに面談する時間を設ける予定です。個人面談では,進路,卒業研究の進捗,短期目標,中期目標などを話し合う場にしたいと考えています。