名前

小林正法

連絡先

kobayashi[at]mklab.info    ([at]は@に変更してください)

所属

山形大学 人文社会科学部 人間文化コース・認知情報科学プログラム 准教授

学歴

  • 2008 金沢大学文学部人間学科 心理学コース(※)(松川順子研究室)卒業
  • 2010 東京大学大学院総合文化研究科 広域科学専攻 修士課程(丹野義彦研究室)修了
  • 2013 東京大学大学院総合文化研究科 広域科学専攻 博士課程(丹野義彦研究室)修了
  • 2013 東京大学大学院総合文化研究科 博士(学術)

職歴

常勤

  • 2010/04-2013/03 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
  • 2013/04-2016/03 日本学術振興会 特別研究員(PD)(受入機関:名古屋大学大学院環境学研究科心理学講座・川口潤研究室)
  • 2016/04-2018/12 関西学院大学大学院文学研究科・応用心理科学研究センター 博士研究員
  • 2019/01-現在 山形大学人文社会科学部 准教授

非常勤

  • 2009/03-2009/04 永生会病院・老人保健健康増進等事業 研究分担員
  • 2014/04-2016/03 椙山女学園大学人間関係学部心理学科・非常勤講師(心理学実験)
  • 2015/04-2016/03 名古屋市立大学芸術工学部・非常勤講師(心理学)
  • 2016/09-2018/03 関西大学総合情報学部  非常勤講師(データリテラシー実習)
  • 2018/09-現在 武庫川女子大学文学部心理・社会福祉学科・非常勤講師(健康心理学)
  • 2016/04-2018/09 関西学院大学文学部総合心理科学科 非常勤講師(心理科学実験実習A)

担当授業

学部

  • 社会心理学(集中)
  • 行動科学概論(前期)
  • 行動科学基礎演習(前期)
  • 認知情報科学基礎実習(前期)
  • 課題演習(前期)
  • 社会心理学特殊講義(後期)
  • データ処理演習(後期)
  • 行動科学演習(後期)
  • 心理学特殊実験(後期)
  • 情報処理実習(後期)

大学院

  • 実験心理学特論IV(前期)
  • 実験心理学特別演習II(後期)

受賞歴など

  1. 2007 金沢大学学長研究奨励費研究(研究テーマ:意図的忘却における感情刺激の効果の検討)
  2. 2008 金沢大学学長表彰
  3. 2010 日本心理学会 国際会議等参加旅費補助金(2010.08)
  4. 2013 YPS2013主催
  5. 2017 日本心理学会 学術大会優秀発表賞
  6. 2018 日本健康心理学会 大会優秀発表賞(若手奨励部門)
  7. 2018 日本認知心理学会優秀発表賞(発表力評価部門)

所属学会

  • 日本心理学会
  • 日本感情心理学会
  • 日本認知心理学会
  • 日本パーソナリティ心理学会
  • 日本健康心理学会
  • Psychonomic Society

ORCID

https://orcid.org/0000-0002-0954-574X

査読歴

  • 感情心理学研究
  • 心理学研究
  • Quarterly Journal of Experimental Psychology
  • Memory & Cognition

*詳細はPublonsでご覧ください

競争的資金獲得歴

研究代表者

  1. 2010年度-2012年度 科学研究費補助金(特別研究員研究奨励費)
     記憶の抑制と抑うつの関連についての検討
  2. 2013年度-2015年度 科学研究費補助金(特別研究員研究奨励費)
     感情記憶の抑制: 抑制意図別アプローチ
  3. 2014年度-2016年度 科学研究費補助金(若手研究B)
     顔記憶・視覚的記憶の抑制
  4. 2018年度-2021年度 科学研究費補助金(若手研究)
     記憶抑制による評価低下メカニズムの多面的解明と一般性の検証
  5. 2018年度-2020年度 ロッテ財団奨励研究助成
     美味しさを変える:心理学的アプローチによる食物評価の変化とそのメカニズムの解明

研究分担者

  1. 2013年度-2016年度 科学研究費補助金(基盤研究B)
     心の制御に関する統合的理解:認知心理学・認知神経科学・発達科学からの多面的接近(研究代表者:川口潤)
  2. 2017年度-2019年度 科学研究費補助金(基盤研究B)
     認知的コントロールとモニタリング機能に関する統合的理解(研究代表者:川口潤)
  3. 2018年度-2020年度 科学研究費補助金(挑戦的研究(萌芽))
     エピソード記憶の特性と機能に関する複合的アプローチ:ノスタルジア・心理的幸福感(研究代表者:川口潤)