論文

査読あり

  1. 真田原行・小林正法・大竹恵子・片山順一(2019). 感情喚起下における生理反応の時系列相互相関―前頭脳波αパワー左右差と心拍数を指標として― 感情心理学研究, 26, 62-70. J-STAGE
  2. 小林正法・大竹恵子 (2018). 主観的幸福感と抑うつ傾向がノスタルジア状態の喚起に与える影響:音楽によるノスタルジア状態の喚起を用いて パーソナリティ研究, 27, 155-158. J-STAGE
  3. 小林正法・服部陽介・上野泰治・川口潤 (2016). 日本語版Thought Control Ability Questionnaireの作成及び信頼性・妥当性の検討 心理学研究, 87, 405-414.  J-STAGE
    *日本語TCAQはこちらからダウンロードできます→日本語版TCAQ(Word)
  4. Ikeda, K., Hattori, Y., & Kobayashi, M. (2016) Thinking about “why” eliminates retrieval-induced forgetting: Levels of construct affect retrieval dynamics, European Journal of Social Psychology, 46, 514-520. Abstract
  5. Kobayashi, M. & Tanno, Y. (2015). Remembering episodic memories is not necessary for forgetting of negative words: Semantic retrieval can cause forgetting of negative words, Psychonomic Bulletin & Review, 22, 766-771doi:10.3758/s13423-014-0719-x. Abstract PDF(preprint)
  6. 小林正法・丹野義彦 (2013). エフォートフル・コントロールは検索誘導性忘却を予測する パーソナリティ研究, 22, 77-79. J-STAGE
  7. Kobayashi, M. & Tanno, Y. (2013). Retrieval-Induced Forgetting of Words with Negative Emotionality, Memory21, 315-323. doi: 10.1080/09658211.2012.725741. Abstract
  8. 小林正法・丹野義彦 (2013) 感情虚記憶に対する検索誘導性忘却 感情心理学研究, 20, 1-8. J-STAGE
  9. 小林正法 (2012) 思考生成方略は記憶の意図的抑制を高めるか 教育心理学研究, 60, 285-298. J-STAGE
  10. 小林正法・松川順子(2011) ポジティブ画像記憶の意図的抑制 認知心理学研究, 8, 109-117.J-STAGE

査読なし

  1. 丹野義彦・奥村泰之・上野真弓・高野慶輔・星野貴俊・飯島雄大・小林正法・林 明明・磯村昇太 (2011) 心理師が実施するうつ病への認知行動療法は効果があるか――系統的文献レビューによるメタ分析―― 認知療法研究, 4, 8-15.

書籍

  1. 小林正法・大竹恵子 (2019) パーソナリティ 日本健康心理学会(編) 健康心理学事典 (pp. 78-79)  丸善出版
  2. 小林正法・大竹恵子 (2019) パーソナリティのアセスメントの種類と活用 日本健康心理学会(編) 健康心理学事典 (pp. 100-101) 丸善出版

シンポジウム・ワークショップ

  1. 小林正法(2018, 9月). ポジティブ感情を支える諸要因:過去・現在・未来から見た役割, 第82回日本心理学会大会(企画・話題提供)
  2. 小林正法(2018, 9月). エピソード記憶記憶の新展開, 第16回日本認知心理学会大会(企画・話題提供)
  3. 小林正法 (2017, 9月). 音楽を用いたノスタルジア喚起における心理・生理的な特徴, 第81回日本心理学会大会(シンポジウム:ポジティブ感情の機能を探る:さまざまな評価法を用いたアプローチ),福岡
  4. 小林正法 (2017, 9月). 論文執筆スキル, YPP, 山形
  5. 小林正法 (2016, 9月). 記憶の意図的抑制の成否と個人差, 第25回日本パーソナリティ心理学会大会(シンポジウム:忘れられる?考えないようにできる? -臨床心理学・社会心理学・認知心理学の観点から紐解く意図的抑制-),大阪
  6. 小林正法 (2016, 6月). 記憶の抑制機能と精神的健康の関連,第14回日本認知心理学会大会(ワークショップ:記憶研究の臨床心理学への応用),広島
  7. 小林正法 (2015, 12月). 嫌な記憶はどうやったら忘れられる?―ネガティブな記憶の抑制とその応用可能性―,第9回金沢大学人文学類シンポジウム,石川

国際学会発表

  1. Kobayashi, M., Oguni, R., & Otake, K. (2019, September) Anticipated warm-glow and guilt increase the intention to help a person in need in episodic simulation. 21st Conference of the European Society for Cognitive Psychology, Tenerife, Spain.
  2. Kobayashi, M. & Otake, K. (2019, July) Implicit and explicit attitudes toward passive smoking in subtypes of non-smokers. 13th Biennial Asian Association of Social Psychology Conference, Taipei, Taiwan.
  3. Oguni, R., Kobayashi, M., & Otake, K. (2019, July) Effect of imagination on prosociality: The role of anticipated positive emotion, 13th Biennial Asian Association of Social Psychology Conference, Taipei, Taiwan.
  4. Kobayashi, M., Ueno, T., & Kawaguchi, J. (2018, Nov) Retrieval-induced forgetting of serial order memory: Pre-registered investigation,  Psychonomic Society’s 59th Annual Meeting, New Orleans, USA.
  5. Oguni, R., Kobayashi, M., & Otake, K. (2018, Nov) Imagination enhances helping intention: The role of helping efficacy, OPAM26, New Orleans, USA.
  6. Kobayashi, M. & Otake, K. (2017, May) Music-evoked nostalgia increase face trustworthiness, 3rd International Meeting of the Psychonomic Society, Amsterdam, Nederland.
  7. Sanada, M., Kobayashi, M., Otake, K., & Katayama, J. (2018, March) Frontal alpha asymmetry and heart rate synchronized during emotional experience when people show facial expression. 25th Annual Meeting of Cognitive Neuroscience Society, Boston,  U.S.A.
  8. Kobayashi, M. & Kawaguchi, J. (2016, November) Retrieval-induced forgetting of non-verbal visual objects. Psychonomic Society’s 57th Annual Meeting, Boston, USA.
  9. Kobayashi, M. & Kawaguchi, J. (2016, July) She is less attractive because I forgot her: Forgetting leads to devaluation of faces. 6th International Conference on Memory, Budapest, Hungary.
  10. Kobayashi, M. & Kawaguchi, J. (2016, May) Saving some information on external media helps other information within our internal memory: A case of photographing. 2nd International Meeting of the Psychonomic Society, Granada, Spain.
  11. Kobayashi, M. & Tanno, Y. (2013, August) Executive function and chronic intrusive thoughts. The 4th Asian Cognitive and Behavioral Therapy Conference, Tokyo, Japan.
  12. Kobayashi, M. & Tanno, Y. (2013, June) Effortful control predict retrieval-induced forgetting. The 10th Biennial meeting of the SARMAC, Rotterdam, Nederland.
  13. Kobayashi, M. & Tanno, Y. (2012, May) Semantic Generation Can Cause Forgetting Of Negative Word Memories. 24th APS Annual Convention, Chicago, USA.
  14. Kobayashi, M. & Tanno, Y. (2012, March) Retrieval-Induced Forgetting of Emotional False Memories. The 10th Tsukuba International Conference on Memory, Tokyo, Japan.
  15. Kobayashi, M. & Tanno, Y. (2011, August) Does retrieval-induced forgetting in a recognition test differ between individuals with or without dysphoria? 5th International Conference on Memory, York, England.
  16. Kobayashi, M. & Tanno, Y. (2011, March) How long does intentional memory suppression last? The 9th Tsukuba International Conference on Memory, Tokyo, Japan.
  17. Kobayashi, M. & Tanno, Y. (2010, October) What strategy can enhance memory suppression to negative word memory? 40th European Association for Behavior and Cognitive Therapies Annual Congress, Milan, Italy.
  18. Kobayashi, M. & Tanno, Y. (2010, August) Intentional memory suppression needs cognitive effort to suppress. 2010 Annual Meeting of Korean Psychological Association, Seoul, Korea.
  19. Kobayashi, M. & Tanno, Y. (2010, March) The effect of an interference strategy on memory suppression. The 8th Tsukuba International Conference on Memory, Ibaraki, Japan.
  20. Kobayashi, M. & Tanno, Y. (2009, September) Temporal stability and strategies of memory suppression. 39th European Association for Behavior and Cognitive Therapies Annual Congress, Dubrovnik, Croatia.
  21. Kobayashi, M. & Tanno, Y. (2009, July) The Effect of Distraction Strategy to Memory Suppression in Think/No-Think Task. The 8th Biennial meeting of the SARMAC, Kyoto, Japan.
  22. Kobayashi, M., Matsukawa, J., & Tanno, Y. (2008, December) Memory control to emotional materials. Division of Clinical Psychology Annual Conference, London, England.

国内学会発表

  1. 小林正法・小國龍治・大竹恵子(2019年9月) 予期Warm-glow及び予期罪悪感は援助行動意図と正に関連する, 第83回日本心理学会大会,大阪
  2. 小林正法・小國龍治・大竹恵子(2019年5月) 「助ける」想像と「助けない」想像が援助行動意図に与える影響, 日本認知心理学会第17回大会,京都
  3. 小林正法・大竹恵子(2018年, 9月) ノスタルジアは外集団顔の信頼性評価を高める, 第82回日本心理学会大会,  宮城
  4. 小國龍治・小林正法・大竹恵子(2018年, 9月) 想像は援助動機を高める,  第82回日本心理学会大会,  宮城
  5. 小林正法・上野泰治・川口潤(2018年, 9月) 系列記憶の検索誘導性忘却:事前登録による実証, 第16回日本認知心理学会大会, 大阪
  6. 小林正法・大竹恵子 (2018, 6月) 喫煙に対する潜在的・顕在的態度とその変容可能性, 日本健康心理学会第31回大会, 京都. 大会優秀発表賞(若手奨励部門)
  7. 小國龍治・小林正法・大竹恵子 (2018, 6月)エピソードシミュレーションが援助効力感に及ぼす影響—時間的距離に焦点を当てて—, 日本健康心理学会第31回大会, 京都.
  8. 小林正法・真田原行・片山順一・大竹恵子(2017, 9月) ノスタルジア状態の生理的特徴, 第81回日本心理学会大会, 福岡. 学術大会優秀発表賞
  9. 小林正法・大竹恵子(2017, 9月) 抑うつ傾向と主観的幸福感がノスタルジア状態の喚起に与える影響——音楽聴取によるノスタルジア状態誘導を用いて——, 第26回日本パーソナリティ心理学会大会, 山形.
  10. 小林正法・大竹恵子(2017, 6月) 写真撮影が導く感情記憶の忘却, 第15回日本認知心理学会大会, 東京.
  11. 小林正法・川口潤(2016, 10月) わたしを忘れないで——忘却が導く価値の低下——, 日本基礎心理学会第35回大会,東京
  12. 小林正法 ・服部陽介・上野泰治・川口潤(2016,9月) 日本語版Thought Control  Ability Questionnaireの作成——尺度翻訳及び信頼性・妥当性の検討——, 第25回日本パーソナリティ心理学会大会,大阪
  13. 小林正法・川口潤(2016, 6月) 写真を撮ると記憶が良くなる?—順行干渉低下による学習の促進—, 第14回日本認知心理学会大会, 広島
  14. 多賀禎・小林正法・川口潤(2016, 6月)思考制御能力の高い人はよく忘れられるか?—指示忘却と思考制御能力の関連—, 第14回日本認知心理学会大会, 広島
  15. 小林正法・川口潤(2015, 11月) 非言語的図形の検索誘導性忘却—言語化情報の統制と再学習条件による検討—, 第34回日本基礎心理学会大会, 大阪
  16. 小林正法・大北碧・川口潤(2015, 9月)覚えようとしていないネガティブな記憶の抑制—偶発学習事態におけるネガティブ語の検索誘導性忘却—, 第79回日本心理学会大会, 愛知.
  17. 大塚芽以子・小林正法・川口潤(2015, 9月)自己顔への注意バイアスとその注意段階, 第79回日本心理学会大会, 愛知.
  18. 小林正法・真田原行・川口潤(2015, 8月)ネガティブ記憶の抑制能力と個人差の関連—ワーキングメモリ容量と精神的健康に注目して—, 日本パーソナリティ心理学会第24回大会, 北海道.
  19. 小林正法・大北碧・川口潤(2014,12月)非言語的図形の検索誘導性忘却,第33回日本基礎心理学会大会,東京.
  20. 大北碧・小林正法(2014,12月)標的カテゴリと妨害カテゴリの似ているところを見つけるだけで探索の効率は悪くなる,第33回日本基礎心理学会大会,東京.
  21. 堀越歩・小林正法・真田原行・榎本玲子・山上精次(2014,12月)幼児における虚記憶の発生メカニズムと自己制御機能の関係,第33回日本基礎心理学会大会,東京.
  22. 小林正法・丹野義彦(2014,9月) ネガティブ記憶の抑制にエピソード記憶の検索は必要ない,第78回日本心理学会大会,京都.
  23. 小林正法・池田賢司・服部陽介 (2014, 6月) 忘れないためには「なぜか」を考えよう, 日本認知心理学会第12回大会, 宮城.
  24. 小林正法 (2013, 9月) ネガティブ記憶の意図的・非意図的抑制,第77回日本心理学会,北海道.
  25. 小林正法 (2013) チュートリアルセミナー「新しい統計から見た研究計画」, YPS2013,栃木.
  26. 小林正法・丹野義彦 (2012, 9月) 感情虚記憶に対する検索誘導性忘却, 第76回日本心理学会大会, 東京.
  27. 小林正法・丹野義彦 (2012, 6月) 意味的検索はネガティブ記憶の忘却を導くか?, 日本認知心理学会第10回大会, 岡山.
  28. 小林正法・丹野義彦 (2011, 9月) 抑うつ傾向と記憶の非意図的抑制, 第75回日本心理学会大会, 東京.
  29. 小林正法・丹野義彦 (2010, 9月) 単語記憶の抑制に対する干渉方略の効果について, 第74回日本心理学会大会, 大阪.
  30. 小林正法・丹野義彦 (2010, 5月) ネガティブ単語記憶の抑制に対する方略の効果, 日本認知心理学会第8回大会, 福岡.
  31. 小林正法・松川順子 (2009, 8月) 記憶の抑制に対する感情刺激の効果の検討――Think/No-Thinkパラダイムを用いて――, 日本心理学会第73回大会, 京都.
  32. 小林正法・丹野義彦 (2009, 7月) 記憶の抑制における代替思考方略と時間的持続性について, 日本認知心理学会第7回大会, 東京.
  33. 小林正法・丹野義彦 (2009, 3月) 記憶の抑制における抑制方略の効果について――Think/No-Thinkパラダイムを用いて――, 第1回日本不安障害学会, 東京.